好きなことして生きてみる

石川県出身24歳のブログです。2017年5月から世界一周の旅に出ています!

"好きなことして生きてみる"
24歳女のブログ。2017年3月に仕事を退社し、2017年5月から世界一周の旅に出ます!

世界一周初日。モロッコで洗礼を受けた日、

ともみさんとジヤド君に見送られ、出発したロンドン、ガトウィック空港。

いよいよ旅の始まり!

 

そこからモロッコマラケシュ空港に移動。フライト時間は約3時間半。
空港出口で宿泊するリヤドのピックアップサービスと合流した。

もともと予約していたRiad Amanouzという宿に到着。
ピックアップサービスを頼んでいて正解。
自力でたどり着くのは相当難しかったような場所な上に、どのリヤドのエントランスも名前が目立たない。

ロッコのリヤドとは、簡単に言えば中庭付のホステルのようなもの。

チェックイン後に徒歩10分ほどのフナ広場に出掛けた。
夜9時過ぎだったので、向かうまでの道のりのお店はほとんど営業が終了していたが、フナ広場はまだまだ人が溢れていた。

ロッコは旅人にとって、3大ウザい国と言われているらしいのだけど、
(その他はインド、エジプト)
このフナ広場、特にウザいスポットとして有名。
日本語のギャグやボディタッチで強烈に客引きしてくる。
「こんにちは〜」「はじめまして〜」

くるりんぱ〜」「そんなの関係ねぇ〜」

「アシダマナ〜」

芦田愛菜・・・

あの手この手で話しかけてくるので面白いが、いちいちかまっている暇もないので適当にかわす。

しばらく行くとエスカルゴの屋台があった。

ロッコエスカルゴが安く食べられると有名なところ。

エスカルゴの屋台だけでも沢山あるので、その中でも人が沢山入っているお店を選ぶ。


大鍋に入っているエスカルゴを、お茶碗に持ってすぐ出してくれる。座るとすぐサイズと個数を聞かれ、大を2つ頼むとすぐ出てきた。エスカルゴは、想像していたものよりも小さく、よく日本でも見るカタツムリに近い大きさ。爪楊枝を使って中を出して食べる。少し見た目はグロイが、食べることにそれほど抵抗は無かった。でも正直それほど美味しくはない。味が貝に近いが、味付けが薄い。20-30匹盛られたお椀一杯10DH(約110円)。

ほとんどお腹の足しにならなかったので、近くの屋台にまた入ることに。
でチキンタジンとモロッコサラダを食べる。

ロッコサラダは何かのスパイスで味付けされていてとても美味しい。10DH(約110円)。

カレー風味のタジンは、チキンが4分の1羽くらい入って野菜と蒸してあり、こちらもなかなか美味しい。30DH(約330円)

こちらのパンはサービスらしい。フォカッチャみたいな見た目だが、かなり硬くてパサパサしていたが、食べられない程ではなかった。

その後フナ広場を散策。

歩いていると、ヘナタトゥー売りの人がこっちに来て、
「ヘナ?」と声をかけられた。

いらなかったのでNoと答えたが、ヘナ売りのおばさんはおもむろに私の手を取り出して、ヘナの液を吹きかけた。

勝手にヘナをされてお金を要求されては困るので、強めに拒否をし、おばさんから逃げる。
さすがは旅人にとってうざいと言われるフナ広場。Noといったってお構いなし。そのメンタルがすごい。

広場で民族音楽の演奏をやっていたので、
面白いと思い写真を撮ると、すぐに男がやってきて
「写真を撮ったんだからチップを払え。20DHだ。」と言ってきた。

うざい。うざすぎる。

うんざりしたので、ユーロの5セント程をこれしかないと言って渡した。
「これじゃ少なすぎる」と男は怒ってきたが、無視してその場を後にした。

日付も変わり、噂通りのウザさにかなり疲れたので帰ることに。

が、しかし。ここで問題が発生。
フナ広場から宿までは15分程だったが、まだ歩き慣れていなかった為、帰り道に迷ってしまった私。行きはまだ一部の店が開いていたのでそれを目印にしていたけど、その店も閉まっていて、どこのことか分からなかった。

リヤドから渡された頼りない地図が本当に頼りにならなくて、グーグルマップで保存していた場所もGPSが狂っていたようで間違っていた。店じまいをしている人らに聞きながらある程度近くまで戻ったが、本当に迷路のようでたどり着けない。

困っていると若いモロッコ人3人が話しかけてきて、親切に道案内をしてくれた。

ロッコ人達もスマホや他の人に聞きながら30分以上は一緒に探してくれた。
話しかけてきたときは警戒したけど、モロッコ人はいい人たちだなー。ウェルカムトゥモロッコとか言ってくれるしなーなどと思いながらようやく見覚えのある道に出てリヤドに到着。時刻は午前1時を過ぎていた。

「ありがとうー!」と握手を交わし、それではとリヤドに入ろうとする、と

「待って」
「ここまで案内したんだから、そのさ、、チップくれない?」

‥やはりか。

善意だと思ったけど、彼らにとってはビジネスだった。
仕方がないので20DH差し出そうと思ったのだが、間違えて200DH札を財布から一瞬出してしまった。

「それくれよ!」

「ダメ!これはあげられない!」

「200DHよこせ!」

彼らは紙幣を引っ張り離してくれない。
これ以上言い争っても事態は好転しないので、諦めて200DH渡して去ってもらった。

彼らにとって1回の道案内で200DHが手に入るのはとても高額なのか、歓喜して笑いながら帰っていく姿に少しがっくりした。

スレた観光地ではよくあることだけど、善意を期待してしまっていたので、少し残念だった。が、初日にこういう経験をしてよかった。夜中に無事に帰ってこられただけでもお金を払う価値があるものだね。良い勉強代だと思おうと心に決めた。

部屋に戻ってシャワーを浴び即就寝。

続く。

いよいよ世界一周に出発!イギリスガトウィック空港からのスタート

いよいよ世界一周出発の日。

 

結局前日の荷造りは夜中の2時頃までかかってしまった。

持って行きたかったものは、たくさん諦めたつもりだったけど、それでもバックパックはパンパンだった。

 

ガトウィック空港まで、ともみさんとジヤドくんに送ってもらう。

少し早めに出て、Hiroが前回ウィンボーンにきた時に印象的だった場所に私も連れて行ってもらうことに。
ロバがいるところらしい。

 

向かう途中、菜の花が綺麗なところがたくさんあった。

f:id:yuitam712:20170904171041j:plain

 

ロバの場所に向かうと、普通の道路に、ロバがたくさん寝てたり、歩いていたりした。

f:id:yuitam712:20170904171242j:plain

 

f:id:yuitam712:20170904171314j:plain

 

このロバは顔がかゆいらしく、イスで顔をカイカイしてた。

f:id:yuitam712:20170904171411j:plain

 

イギリスののどかな自然は素晴らしい。

 

牛もいたんだけど、車止めて写真を撮ろうとしたら、

怒って威嚇しはじめて、

危うくジヤドくんが突進されそうになったので、すぐ避難した。

 

f:id:yuitam712:20170904171627j:plain

 

イギリスの風景をしっかりと目に焼き付けて、

空港へ向かった。

 

ウィンボーンからは車で2時間ほどもかかる距離だったけど、
二人は嫌な顔1つせず、空港まで送ってくれた。

 

空港について、2人に別れを告げる。

次に会うのは1度イギリスに戻ってくる、3ヶ月後。

それまでしばらくのお別れ。お世話になりました。

 

空港でチェックインを済ませて、モロッコ行きの飛行機に乗り込む。

不思議と、高揚感はなかった。夢のような気分でもなかった。
夢がかなった時、もしくは夢だったことを始める時は、
夢が叶ってしまう不安のようなものを、感じるものなのかもしれないと思った。

 

 

 

世界一周プロローグその3:ストーンヘンジを訪ねて。出発1日前

出発の1日前。

この日はウィンボーンから1時間ほどの街、ソールズベリに向かう。

ソールズベリはストーンヘンジの近くにある街として有名だ。
ここには有名なカテドラルがある。

 

(ちなみに、日本では大聖堂のことをカテドラルとカタカナ発音しますが、
英語の発音では「キャシードラル」に近い発音をするので、それに気付くまでは通じなかったのをよく覚えています。)

 

ここのカテドラルの内装は、ハリーポッターの映画を思わせるような
イギリスらしい作りで、とても感動したのを覚えている。

 

ソールズベリを少し観光した後、ストーンヘンジまで車で向かう。

ストーンヘンジの入り口まで車で向かうことができ、

そこからバス、もしくは徒歩で向かう。

 

このストーンヘンジ、入場料がまぁまぁ高い。

大人1人16,5ポンド(約2330円)で、

Gift Aid というオプションがあり、それがつくと18.2ポンド(約2570円)になる。
Gift Aidは10%の寄付らしいのだが、ともみさんとジヤド君曰く、

イギリス国籍の人は払わなければならないらしい。

 

チケットを手に入れると、オーディオガイドの列に並べる。
日本語のオーディオガイドもあり、料金はチケット代に含まれるそうなのだが、
列が長かったのもあり、並ぶのはやめておいた。

代わりに、オーディオガイドの無料のアプリがあるそうなので、それをダウンロードしてみた。音声は英語しかなかったので、ところどころわからないが、ないよりはましだった。

 

そこからバスに乗ってストーンヘンジのある場所まで行く。
バスに乗らなくても歩いて15分程で行くことができる。

欧米人は歩くのが好きな人が多いので、たくさんの人がハイキングをかねて歩いていた。

ストーンヘンジの近くまで行くと、ロープで周りを張り巡らされているエリアの入り口で、チケットを切られる。

実はこのストーンヘンジ、歩いてこの場所まで来て、かつこのロープの中のエリアに入らなければ、チケットを買わずにくることができるらしい。

つまり、遠目からの鑑賞でよければ、入場料はただでストーンヘンジを見ることができるのだ。

 

だからこそ、バスを乗らずに歩いていた人が多かったのかもしれない。

 

ロープ内のエリアに入ると、より近い距離でその謎の岩たちを見ることができた。

f:id:yuitam712:20170812091551j:plain

だが、1番近づける距離で岩から15メートルほどのところで、近くに行って見上げたり、触れたりすることはできない。

ぐるりと周りを一周して、鑑賞する。

英語のオーディオガイドから拾えたことは、

これは紀元前2000年ほど前に建てられたものであるということ、

この岩はこの辺の地質とは異なるもので、イングランドの西側にあるウェールズから運ばれてきたもの、かなりの長距離を運ばれてきているのだが、その時代の人たちが、どうやって運んできたかが、未だ謎に包まれているということ。等

 

ゆっくりと周りを一周しながら、オーディオがアイドを聞き、考える。

ストーンヘンジはすっかり満喫できた。

 

 

その後帰りにパブで夜ご飯を食べ、

家に帰って荷造り。

 

い良いよ明日は出発だ。出発は午後だから、朝は少しゆっくりできる。

夜中を回っても。荷造りはまだ終わっていなかった。

世界一周プロローグその2:旅に向けての荷造り、時々観光。出発2日前

出発の2日前。


この日はウィンボーンにともみさんとジヤド君が観光に連れて行ってくれた。

 

お昼過ぎ頃に出発して、腹ごしらえ。

可愛らしいカフェに連れて行ってもらった。

サンドイッチ、ハンバーガーなどがとっても美味しいレストランだった。

ウィンボーンは小さくて可愛らしい街。
教会や、大聖堂などがあり、可愛らしい町並みと美しい建物に心癒された。

Hiroのご両親も、少し前にウィンボーンに遊びにきていて、
その時もこの街にきて、町並みをとても気に入っていたらしい。

荷造りがあるため、早めに帰ってくる。
私は日本を出発する前、どうしても荷物を選別できず、
世界一周用の40リットルのバックパックと、中型のスーツケースを1つ持ってきていたのだ。

まぁそもそも、世界一周用の荷物と、1ヶ月滞在型の語学留学では荷物の種類が変わってくるから、最初からバックパックだけなんて無理な話だったんだけど。
ハードな旅と違って、イギリスでの語学留学だったら、たまにはおしゃれだってしてロンドンに遊びに行ったりしたい。

そしてHiroも、45リットルのバックパックと、空っぽのスーツケースを1つ持ってきていた。

まさかスーツケースを持って旅に出るのか?と疑問に思われるかも知れないが、

そうではない。

実は半年後に、Hiroの両親がウィンボーンに遊びにくる予定があるそうで、

その時にスーツケースを持って帰ってもらう算段なのだ。

 

旅先でお土産を買い、たまったらイギリスへ送る。

送った荷物はそのまま置いておいてもらい、私たちがヨーロッパを一周したら一度イギリスに戻る。そこで再度荷造りをして、そのスーツケースを持って帰ってもらうという感じだ。

 

そうすれば、旅先の荷物を日本に送るよりも送料が半分から3分の1くらいになるし、

荷物が重くなるからという理由でお土産を買い渋ったりすることも少なくなる。

旅先では気軽に購入できない必要な荷物(コンタクトレンズや、クレンジング・洗顔、日本製の日焼け止め、生理用品など)も、3ヶ月分だけ詰めれば良いのでその分荷物も少なくなる。

 

これもともみさんとジヤド君のおかげで為せる技だけど、本当にありがたかった。

 

夕方頃から荷造りを始めるが、なかなか進まない、、

何にせよ初めての長期旅行だし、何を持って行って何を持っていかなくていいのかがわからない。

その上40リットルのバックパックは、思いの他量が入らなくてイライラする。
(60リットルのバックパックにする!と最初は言っていたのだが、Hiroに「どうせ俺が持つんだから!」と止められ40リットルにした。そのことを出発後1ヶ月くらいまでは根に持っていた。)

 

絶対持っていくもの、迷うもの、持っていかないものに分けて、
迷うものに関しては判断をHiroに仰ぐ。
だがそういう場合、大抵「いらない」と言われるからまた悩む。
チェキを持って行きたかったのだが、チェキはいらない。と説得され置いてきた。
(これは出発3ヶ月をたっても、持って来ればよかったと根に持っている)

 

荷造りは終わらないまま、夜ご飯の時間になる。
その日の夜ご飯は、鳥を丸々一羽焼いたものと、カプレーゼなど豪華な食卓だった。

日本だとなかなか鳥丸々1羽は食卓にはでないけど、イギリスではスーパーによく売っているらしい。

食べながらいろんな話を教えてもらった。
ジヤド君が私たちが到着する日の前の夜に、ベロベロに酔っ払って帰ってきたこと、
日本語を勉強するため仕事終わりにスクールに通っていること。
そのため「もじゃもじゃ」などの単語がわかること。
(これに関してはなぜ「もじゃもじゃ」という音なのかと不思議に思っているそうだが、誰も答えられなかった。)

 

ネイティブの人との会話はまだまだ聞き取れない部分も多いけど、
少しは自分の英語力が上昇しているなと思った。
(実は語学留学の間、授業だけでは足りなかったので、DMM英会話のレッスンを受けていた。30分2回のスカイプ英会話をほぼ毎日やって、少しだけスピーキングの能力がついたとおもった。)


その日も早々に眠たくなったので、
荷造りは置いといて寝た。

 

2人はとってもおもてなしをしてくれるので、

明日は観光にストーンヘンジに連れて行ってくれるらしい。

 

世界一周プロローグその1:イギリスで1ヶ月英語勉強の後、遂に旅へ出発。出発3日前

2017年5月。世界一周の初日。私たちはイギリス・ガトウィック空港から世界一周の旅を出発させた。

私がイギリスで一ヶ月語学学校に通った後の出発だった。

話は遡って、出発の3日前。
私はイギリスの南にある、ブライトンという町で1ヶ月の間、英語の語学学校に姉と一緒に通っていた。姉はイギリスでワーキングホリデーを始める最初の1ヶ月だった。
4月から1ヶ月の語学学校を修了した後、日本からHiroがブライトンにやってきて合流した。そこからHiroのお姉さんが住んでいる、ブライトンの少し東のウィンボーンという町に向かう。
Hiroのお姉さんであるともみさんは、イギリス人の旦那さん、ジヤド君と結婚して、今はイギリスに住んでいる。

ウィンボーンまでは、ブライトンからサザンプトンという町まで電車で向かう。
姉は駅まで見送りに来てくれた。
別れ際、姉からメッセージカードをプレゼントされた。語学学校で同じクラスだった子たちのメッセージが書かれたカードだった。知らない間に用意してくれていたみたいだった。

イギリスでの1ヶ月の語学留学の間、1ヶ月間ほぼ姉と一緒に過ごしていた。
怒ると怖いし無愛想だけど、口下手なだけで、私に優しい気持ちを持ってくれてることが伝わった。
母とはずーっとぶつかっていて心配することも多いけど、しっかり者の尊敬できるお姉ちゃんだ。
1ヶ月のいろんな思い出が蘇ってきて、涙が出てきた。
姉はここから約2年間、イギリスでワーキングホリデー。しばらくまた会えないけど、また会いに来るからね。頑張ってね。

イギリスでの1ヶ月のことは、また時間があるときに書きたいと思う。

 

電車でサザンプトンまで向かうと、ともみさんが車で迎えに来てくれていた。
サザンプトンから1時間ほど車で走り、ウィンボーンに向かう。
ウィンボーンは閑静な住宅街だった。
家の前まで着くと、旦那さんのジヤドくんがお出迎えしてくれた。
今日から3日間、荷造りのためにお世話になる。

夕飯はジヤド君がレバノン料理をふるまってくれた。
ジヤド君はイギリス人だが、お母さんがレバノン人。
レバノンってどこだろうと思って調べたら、中東のオマーンの近くだった。
レバノン料理は、西洋パセリを細かく刻んでトマトと和えたものや、ナスの身をくりぬいてペースト状にしたものなど、どれも全部美味しかった。

荷造りは明日にして、その日は早々に就寝することにした。
明日はウィンボーンを少し観光に連れてってくれるらしい。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

世界一周 ブログランキングへ

ランキングに参加しています。クリックして応援よろしくお願いします。